取引の流れ

 取引の流れ

はじめて株を買う場合、次のような流れになります。

①証券会社に口座を作る
株を取り引きするための口座を証券会社に作らなければなりません。
ネットで申し込むのが一番簡単だと思います。ほとんどのネット証券会社は無料で口座を開設できます。
いろんな証券会社がありますので、よく研究してください。

②口座にお金を振り込む
口座を作ったら、次はその口座へお金を振り込みます。ここへ預けたお金で株を売買するのです。100万円入金すれば、100万円分まで株を買うことができます。
なお、通常は入金の際に振り込み手数料がかかりますが、特定の提携金融機関であれば手数料が無料になることもあります。

③銘柄を選ぶ
株価が上がりそうな銘柄を探します。
これは当サイトにおまかせください

④買い注文を出す
インターネットや携帯電話(モバイル)で簡単に注文することができます。ネット証券会社の場合、証券マンとのやりとりはありませんので、初心者でも気軽に注文できます。取引時間中(東京証券取引所は9:00~15:00、途中休憩あり)は、株価が上がったり下がったりします。そして、あなたの買いたい値段と売りたい人との値段が同じになれば取り引き成立です。必要なお金が証券口座から差し引かれ、かわりに持ち株が増えます。ちなみに、売買成立前ならいつでも注文をキャンセルすることができます。

売るときは次の流れになります。

①売り注文を出す
インターネットや携帯電話(モバイル)で注文を出します。

②取り引き成立
持ち株が減り、売却分のお金が証券口座に入金されます。

③株を買う or 預けておく or 出金する
入金されたお金で別の株を買っても構いませんし、そのまま証券口座に預けておくこともできます。現金化したければインターネットや携帯電話(モバイル)で出金手続きをします。即日~数日で、登録しておいた銀行口座にお金が振り込まれます。

以上、流れはとってもシンプルです。

にほんブログ村 株ブログへ



コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ